これからの文部科学省 都道府県教育委員会殿 

ご意見など

百万分の一(1/1,000,000)の地球模型をつくろう。そして地球の危うさを実感しよう。

これはどの程度の物だろう。

地球の直径は(半径約6378km×2=約13000km)となる。この1,000,000分の1 の模型となると 13,000,000mからゼロを6個とる大きさ、すなわち、13m(13,000mm)の直径となる。

大気圏は 500kmなので、この模型でいうと、0.5m(500mm)の厚さしかない。しかし、このうちの10kmが対流圏であり地球生物にはこの影響がもっとも大きい。これは、模型では 0.01m(10mm=1cm)しかないのだ。こんな薄い空気に守られているのだ。

地球内部を見てみよう。いわゆる地殻は35kmとなり 0.035m(35mm)しかない。岩石圏でも150km 0.15m(150mm)しかなく、しっかりした大地は、その下部にあるマントルに浮いている。この域内で地震が発生するが、一般の地震メカニズムの図はよく出来ているが、この地球模型をイメージすれば、地殻のもろさが実感できる。

太平洋の深さは10km あれば深いほうだ。 この模型では、1cmのへこみとなる。

この下のマントル、コアあるが、地球の大部分は、この二つでできていることがわかる。

人間を2mとすると この1,000,000の1は 2/1,000mm 2ミクロンということになる。

衛星である月はどうだろう。月の直径は約3,500km なので、3.5m(3500mm)となり、そこまでの距離は約380,000 kmとなるので、この模型では0.38km = 380m 程度となる。この程度であれば、地球模型と同じところに設置できそうだ。

太陽はどうだろう。太陽の大きさは 1,392,000 km なので、この模型では、1.392mの大きさとなる。ちょっとこれはまだ人工構造物では作ったことがない大きさとなってしまう。(新東京タワーは600mといわれるので、その倍以上の直径があることになる)。

太陽までの距離は149,597,870 km であるので、模型では150km程度か。東京から静岡程度か?

模型では、光速度は 0.3km/sec(300m/sec)(実速度は約300,000km/sec)となるので、500秒すなわち8分程度で太陽からの地球に届くことになろう。

このような地球模型、そこから縮尺した距離を離して、月模型を作ってみたい。地球環境のもろさもわかるし、これから進出する宇宙も、太陽系なら、手が届く範囲であることが分かる。

1,000,000分の1にこだわる理由。これより大きいと作るのが大変だし、一桁小さいと、こんどは、対流圏や地殻の厚さとの対比に実感がわかないことがある。

この模型は当然、断面表示は、ヒマラヤや富士山の高さに手で触れるようのする大きな教材としたい。子供には科学の入口の一つとしてもらいたいし、大人はモデル図というものから離れて、実際の比率をつかんでもらい、地球の限界とその大事さを認識して欲しいものだ。

数値は大部分 wikipedia を利用している。

20070215 百万分の一の地球模型をつくろう-1

ご意見など